リンゴの長期保存法

リンゴ 選び方 スーパー

どんなフルーツでもそうですが
1個で買うより、まとめ買いした方が割安ですね。

1個よりも、2個、2個よりも3個まとめて買った方が
1個あたりの値段は安くなります。

ただ、リンゴなどのフルーツをまとめ買いするときには
リスクもあります。
というのは偶然、風邪をひいてしまって
りんごを食べきれなくなるというパターンです。

あるいは会社の飲み会が続いてしまって
まとめ買いしたりんごを食べる暇がないというパターンもあるでしょう。

そんな場合、長期保存のテクニックを使わないと
すぐに腐ってしまいます。
そうなったらもったいないですね。

そこでこの記事ではりんごの長期保存方法について解説します。
長期保存方法がわかれば、りんごをまとめ買いするリスクを
相当下げることが可能になりますよ。

スポンサードリンク

リンゴの長期保存法をご紹介します

りんごを冷蔵庫の野菜室で長期保存

りんごを長期保存するなら冷蔵庫は必須です。
ビニール袋かサランラップに1個ずつりんごを入れましょう。

1サランラップに1個のりんごにしてください。
たとえば1つのサランラップに2個以上のりんごを入れてしまうと
1つが腐るともう一つのりんごも腐ってしまう可能性が高くなるからです。

そして野菜室にりんごを保存します。
これだけで、1ヶ月以上の長期保存が可能になります。

ふじりんごなら2ヶ月以上保存できると言われています。
ご贈答に!信州りんご【サンふじ】秀品5kg!産地直送サンふじりんご!光センサー選果!

こちらも参考に! ⇒りんごを保存して食べれる期間は?

スポンサードリンク

こちらも参考に!⇒いつから赤ちゃんにりんごをそのまま与えれるようになるの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 1月 22日
  2. 2018年 1月 22日

ページ上部へ戻る