いつから赤ちゃんはりんごを食べれるの?知らないと危険

りんご 赤ちゃん いつから

「赤ちゃんっていつからりんごとかみかんとか食べれるんだろう?」
と疑問に感じることはよいことです。

なぜなら、赤ちゃんは消化が未発達です。
まだ食べてはいけない時期に赤ちゃんに食べさせてしまうと
消化不良を起こしてしまう危険性があります。

激しい下痢と嘔吐で、衰弱してしまって
点滴入院が必要になるかもしれません。
また、アレルギーを起こす赤ちゃんもいます。

赤ちゃんはまだ喋れません。
突然、顔が腫れたりブツブツができたり
呼吸困難を起こして危険な状態になるんです。

この記事ではりんごを赤ちゃんに食べさせてよいのはいつからか
解説していきたいと思います。

りんごにはリンゴ酸といった赤ちゃんの健康にとって
大切な栄養素もたくさん入っています。

DL-リンゴ酸 1kg

なので、適切な時期になったら
少しずつ赤ちゃんにリンゴを食べさせてあげたいものですね。

スポンサードリンク

赤ちゃんにリンゴを食べさせてよいのはいつから?

赤ちゃんにリンゴ

赤ちゃんにりんごを与えてもよいのは生後6ヶ月くらいからです。
ただ、いきなり生のリンゴを与えない方がよいです。

最初はリンゴを加熱した方が無難でしょう。
というのは生のリンゴを食べるとアレルギーを起こすことがあるからです。

生のリンゴはアレルギーを起こしやすいのですが
加熱することでアレルギーを起こす確率が下がると言われています。

ちなみに赤ちゃんにりんごのアレルギーが起こると
口の中や喉にかゆみがでます。
これを口腔アレルギー症候群と言います。

最後にまとめますと赤ちゃんにリンゴを与えても良いのは
生後6ヶ月くらいからです。
ただ、最初は加熱してから赤ちゃんに与えるようにしましょう。
アレルギーを避けるためです。

あと、アレルギー対策のために
小児科の診察が始まる少し前の時間に
りんごを食べさせることをおすすめします。

アレルギーは食べた瞬間でなく
少し時間が経ってから起こるものなので。

こちらも参考に! ⇒りんごを保存して食べれる期間は?

スポンサードリンク

こちらも参考に!⇒いつから赤ちゃんにりんごをそのまま与えれるようになるの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る