りんご酢で血糖値が下がる理由は?

スポンサードリンク
りんご酢 血糖値が下がる

りんご酢とはリンゴの果汁を使ってできたお酢のことです。
なのでお酢とはいえ、リンゴの香りがほのかに漂ってきます。

ところでリンゴ酢を飲むと血糖値が下がるということを知っていますか?

特に血糖値が高い方にとって
血糖値が下がるという情報を気になると思います。

りんご酢でなぜ血糖値が下がるの?

りんご酢

なぜリンゴ酢で血糖値が下がるのでしょう?
原因物質はりんご酢に含まれている酢酸です。

酢酸はお酢の主成分です。
お酢が酸っぱいと感じるのは酢酸が原因です。

りんご酢

りんご酢に含まれる酢酸を飲むと

・胃の動きが遅くなる
・糖分が体に吸収される時間がゆっくりになる

ことがわかっています。

胃は食べ物を胃酸で溶かします。
また胃が動くことで、さらにドロドロに食べ物を溶かします。

そしてドロドロになった食べ物が腸に流れていくのです。

そこでりんご酢に含まれる酢酸の登場です。
酢酸によって胃の動きが遅くなれば
それだけ、食べた糖分、たとえばお餅がドロドロになって
胃から腸に行って吸収される時間が遅くなります。

その結果、血糖値が上がりにくくなります。

胃の動きを遅くする作用

それから酢酸には糖分が体に吸収される時間を遅くする作用があります。
なので、その分、血糖値が急激に上がるのを防ぐことができます。

血糖値は低すぎると低血糖を起こして命を落とすこともあります。
逆に血糖値が高いのも問題です。

この記事では血糖値が下がる方向の話ですが
正常な血糖値の値が酢酸によって異常に下がるわけではありません。

あくまでりんご酢に含まれる酢酸によって
血糖値が正常な値を維持しやすいという意味です。

酢酸によって急激に血糖値が上がらなければ
ちょっと上がった血糖値もより早く下がって元に戻ります。

しかも血糖値が急激に上がって急激に下がることで糖尿病になりやすくなるわけです。

リンゴ酢に含まれる酢酸によってゆるやかに血糖値が上がってくれたほうが、
糖尿病の予防にとって重要です。

アリゾナ州立大学の実験

また、アリゾナ州立大学は以下のような実験をしました。
りんご酢を飲んで7時間後の血糖値と
りんご酢を飲まなかったときの血糖値と比べてみたんです。

するとリンゴ酢を飲んだグループの方が飲んでいないグループよりも
血糖値が4%も下がっていた
そうです。

血糖値が100ならりんご酢を飲むと
7時間後には4下がるので96になったという意味です。

りんご酢などのお酢は毎日15mL摂取することで
血糖値上昇が緩やかになることが研究でわかりました。

血糖値が気になる方、りんご酢を試してみてはいかがでしょう。
美濃有機純りんご酢 150ml[内堀(うちぼり) りんご酢]

こちらも参考に!⇒おいしいりんごの見分け方は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る