梨の変色を防ぐ必殺技とは?

スポンサードリンク
梨の変色を防ぐ

梨は他の果物に比べて日持ちしにくい果物です。
梨の品種にもよりますが購入してからなるべく早く食べないと、
変色したり、実が傷んで味が落ちてしまいます。

梨が変色、痛みやすいのは他の果物に比べて水分が多いのが原因です。

梨は、リンゴと同じように皮をむいて切り分けて置いておくと
茶色く変色します。

梨が変色する原因は梨に含まれるタンニンが酸化することでおこります。

タンニンが酸化すると表面が茶色く変色して味もおいしくなくなります。
梨だけでなく果物は切り分けたらすぐに食べるのがおいしく食べる秘訣です。

でも食べきれなかったりしたときに梨の変色を防ぐ方法があります。

梨の変色を防ぐ方法

塩水につける方法

変色を防ぐ方法で一般的なのがりんごでよくやる塩水につける方法です。
塩水につけると梨でも変色を防ぐことができます。
ですが梨の味が少ししょっぱくなります

そこでおススメなのが梨を砂糖水に付ける方法です。
砂糖ではなく蜂蜜でも大丈夫です。
水250mLに蜂蜜大さじ2杯くらいいれてください。

砂糖水に漬けると甘みが加わり少し酸味のある梨も美味しくいただけます。

時間は15分くらい漬ければ大丈夫です。
よく水けを切っておくのも大切です。

梨

梨の変色を防ぐために砂糖やはちみつを入れた水に浸ける方法は
昔から果物を扱うことが多い八百屋さんではよく使われていました。

お子さんの運動会や行楽などでお弁当に梨を入れるときは、
この方法を是非試してみてください。

こちらも参考に!⇒梨は加熱すればアレルギーを防げるの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 10月 04日

ページ上部へ戻る