グアバの食べ方を理解しておいしく食べよう!

グアバの食べ方

以前までグアバは海外でしか食べることができませんでした。
ですが最近では大手のスーパーやデパ地下で、
簡単に手に入れることが出来るようになりました。

グアバはトロピカルフルーツの仲間です。
ハワイやオーストラリアなどで栽培されてる熱帯果樹です。
熱帯のリンゴとも呼ばれています。

そんな感じで日本でも食べれるようになった
グアバですが、栄養が豊富です。

特にビタミンCはレモンの3倍も含まれています。
ビタミンCはお肌の老化を防ぐと言われています。

美肌になって異性からモテたい方にとって
ビタミンCが豊富なグアバは絶対に食べたほうがよいでしょう。

この記事ではグアバのおいしい食べ方について解説します。

おすすめのグアバの食べ方

グアバ

グアバの果実の皮の色は、白・赤・ピンク・黄色と様々です。

ただ、一番おいしく食べれる頃のグアバは果肉がやわらかいです。
そして甘い香りがします。おいしい頃の果肉の色はピンクです。
グアバ味のやさしい甘味と酸味が特徴です。

グアバのおすすめの食べ方としては皮ごと食べることです。
皮と果肉の間に栄養が詰まっているからです。

たくさんの栄養を摂取して美肌になりましょう。

またグアバでスムージーやジュースを作るなら
砂糖と牛乳を加えてください。おいしさがアップします。

あと新鮮なグアバジュースを作って飲むとき小さな種が、
歯にカチンと当ることがあります。

種も栄養の一部です。ガリガリ食べても大丈夫ですが、
少々かたくて消化にもよくないため、食べ過ぎには注意しましょう。

どうしても種を避けたい場合には
種はこして取り除くようにしてくださいね。

こちらも参考に!⇒グアバの保存はどうすればいい?

グアバの食べ方を理解しておいしく食べよう!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

グアバにはどんな栄養が含まれているの?
イチゴの実が白いのは病気?
栄養を考えるとバナナは夜食べた方がよい?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る