豊水梨の特徴とは?

豊水梨の特徴

秋が近づいてくるとスーパーに置いている果物がスイカから梨に変わってきます。

ちなみに日本の梨は

・幸水などの赤梨
・二十世紀梨などの青梨

の2種類に分けることができます。

赤梨と青梨では皮の色が当然違います。
そのため食べ頃かどうかの見分け方も違ってくるわけです。

スーパーでおいしい梨を発見したい方はこちらの記事をご覧ください。
梨が食べ頃か色で確かめる方法

豊水梨の特徴

今回の記事のテーマは豊水梨の特徴についてです。

赤梨ナンバーワンの幸水と青梨ナンバーワンの二十世紀梨の交雑によって
育成されたのが豊水の赤梨です。

昭和47年に豊水と名付けられました。
その名の通り、豊富な果汁が特徴です。

北海道と沖縄を除く全ての都府県で豊水が作られています。

赤梨といえば幸水梨が有名ですね。
豊水は幸水の梨より1サイズくらい大きめです。

豊水の表面には特徴があります。小さなブツブツがたくさんついているんです。
果点コルクと呼ばれています。

こちらの画像を見ると明らかですね。

ワインの瓶のコルク栓のように梨の水分が外に出ないように
しっかり防いでいるのです。

そのおかげで豊水は果肉は果汁がとても多く
口いっぱいに広がる清涼感たっぷりの梨に育ってくれるわけですね。

豊水梨は甘みが一段と強くなる傾向にあります。
そして適度な酸味も伴い、全体に濃厚な味わいです。

こちらも参考に!⇒梨は加熱すればアレルギーを防げるの?

豊水梨の特徴とは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

りんごと梨で栄養はどう違う?
いちごが甘いかどうかの見分け方?
栄養を考えるとバナナは夜食べた方がよい?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る