梨が食べ頃か色で確かめる方法

スポンサードリンク
梨

日本の梨は

・幸水や新高梨などの皮が茶色っぽい赤梨
・鳥取県の二十世紀梨などの青梨

の2種類が出回っています。

食べ頃の梨はシャリシャリした舌触りと瑞々しさが豊富です。
梨が食べ頃かどうか色で確かめる方法はあるのでしょうか。

食べ頃の梨かどうか色で確認する方法

食べ頃の梨

梨は皮と実の間とお尻の下側がとくに甘みが強く感じられます。
形は出来るだけ下半身がずっしりした扁平型を選びましょう。

下半身が扁平型の梨は食べ頃の証拠です。

青梨の場合は色は瑞々しい緑色で実が締まったものが新鮮で食べ頃です。
緑色がだんだん黄色くなってくるに従い甘みがつよくなってきます。

二十世紀の一番の食べ頃は
黄緑色の皮に黄色の虎模様がまだらに入ったまさに「虎熟れ」の頃です。

赤梨の食べ頃は薄い茶色の色がやや濃くなって来た頃が目安です。

梨の色

梨は収穫してから更に甘みが増すことはありません。
市場経由でスーパーなどに並ぶ梨はやや完熟より早い目にもぎ取られています。

梨園から直送で手に入れることが出来るならば、
一番食べ頃の完熟梨でもぎ取られ発送してもらえ、
美味しい食べ頃の梨を手に入れることが出来ます。

以上で食べ頃の梨を色で確かめる方法についての解説を終わります。
続いて梨に含まれている栄養について解説します。

梨は甘くておいしい果物ですがどんな栄養が含まれているのでしょうか?
あなたにとって役立つ栄養が梨に含まれているといいですね。

こちらも参考に!⇒果物の梨にはどんな栄養が含まれているの?

梨が食べ頃か色で確かめる方法」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

梨アレルギーの症状は?
りんごと梨で栄養はどう違う?
赤ちゃんは梨をいつから食べれるの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 8月 24日
  2. 2016年 8月 25日
    トラックバック:豊水梨の特徴とは?

ページ上部へ戻る