梨アレルギーの症状は?

スポンサードリンク
梨の変色を防ぐ

果物を食べた後に口の中がかゆくなった経験はありませんか?
もしかしたら、それって果物のアレルギー反応かもしれません。

たとえばみかんアレルギーがあります。
みかんアレルギーについて詳細はこちらの記事をご覧ください。
みかんアレルギーの3大症状とは?

他にもこの記事のテーマである梨アレルギーがあります。

花粉アレルギーで悩まれている方が梨などの果物を食べると
口の中がかゆくなるので、「好きなのに梨を食べれない」という人が年々多くなってきています。

これは「口腔アレルギー症候群」というアレルギー症状です。
梨アレルギーは、どのような症状が出るのでしょうか。

梨アレルギーの症状

梨アレルギー

梨は口から食べるのが普通です。
梨が直接触れたところがかゆくなります。

だから唇や口の周り、口の中、そして喉などがヒリヒリ・イガイガ・モヤモヤと痛痒くなります。
梨を食べてからすぐに症状はあらわれます。
アレルギーによるかゆみは15分くらい続きます。

症状がひどい人は

・唇が腫れる
・息が苦しくなる
・呼吸困難
・ぜんそく発作

などの呼吸器症状が出ます。

梨アレルギーで診察

このような症状が出た場合はすぐに病院で診察してみてもらいましょう。

その他の症状としては眼が赤く充血して眼の痒みがでてきます。
鼻水が止まらなくなったり鼻づまりが起こったりもします。

顔が赤くなり腫れぼったく感じたり蕁麻疹が身体中出ることもあります。
消化器官の症状としてお腹が痛くなったり下痢を伴うこともあります。

一度梨を食べて症状が出た人は
次からは、なるべく食べないように注意しましょう。

こちらも参考に!⇒赤ちゃんがバナナアレルギーを起こすとどんな症状がでる?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 10月 04日
    トラックバック:梨の変色を防ぐ必殺技とは?
  2. 2017年 3月 14日

ページ上部へ戻る