スイカにはリコピンという栄養素が含まれているの?

スポンサードリンク
スイカの栄養リコピン

栄養価が高い「リコピン」といえば、トマトが知られていますが、
夏の代表的な存在のスイカには、何と!!トマトの1.5倍もの「リコピン」の栄養素が含まれているのです

スイカは水分もたっぷりです。
汗だくになる真夏にスイカを食べることで脱水症状を予防することができます。

また汗をかくことで体の熱を放出できます。
熱中症の予防にもスイカは最適です。

ということで暑い夏にはピッタリの食べ物だといえます。

リコピン

「リコピン」は

・トマト
・スイカ
・パプリカ
・ピンクグレープフルーツ
・人参

など緑黄色野菜に含まれている赤色の色素栄養素のことです。

もともと人の身体には、
活性酵素を消す抗酸化力があるのですが年齢と共に衰えてきます。

「活性酸素って何?」とよくわからない方もいると思います。
活性酸素とは私たちの体を老化させたりガン化させたりする物質です。

私たちが吸っている酸素のうちのいくらかが活性酸素になります。
そんな体に悪い活性酸素をリコピンはやっつけてくれるのです。

スイカに含まれている「リコピン」によって活性酸素をやっつけてくれます。
しかもスイカはトマトの約1.5倍のリコピンが入っています。

リコピンの作用

リコピンのその他の役割として

・血糖値を下げる
・動脈硬化の予防
・喘息の改善
・美白
・ダイエット効果

などがあります。

老化が気になる方はスイカをバクバク食べましょう。

もしこの記事を読んでいるのがスイカの季節でないならリコピンを含んだサプリメントをおすすめします。
リコピン 20mg(天然トマトエキス) 50粒[サプリメント
/健康サプリ/サプリ/リコピン/now/ナウ/栄養補助/栄養補助食品/
アメリカ/国外/ソフトジェル/サプリンクス/通販/楽天]

こちらも参考に!⇒スイカの種にどんな栄養があるの?

スイカにはリコピンという栄養素が含まれているの?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

スイカの種を避けるうまい食べ方
スイカの皮にどんな栄養があるの?
夏でも大丈夫!バナナの保存法

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る