赤ちゃんは梨をいつから食べれるの?

スポンサードリンク
梨アレルギーに加熱

果汁がたっぷりの秋の味覚「梨」は
赤ちゃんの離乳食としていつからあげることができるのでしょうか。

甘みがしっかりある「梨」は赤ちゃんの離乳食初期から食べさせることが出来ます。
ちなみに離乳食初期とは生後5~6か月のことです。

ただし「梨」を赤ちゃんにあげるにはいくつか注意点があります。

梨の果肉には繊維がとても多いため、すりおろしても消化はあまり改善されません。
そのため、離乳食初期の頃は果汁を絞ってあげて下さい。

 

梨を食べると口の周りにアレルギー反応が出ることがあります。

だからまず、梨の果汁を少量赤ちゃんに与えてみてください。
口の周りの変化をよく観察しましょう。

それで問題なければ、もう少し量を増やして赤ちゃんに与えてください。
それくらい慎重な方がよいです。

もし梨アレルギーが出て、赤ちゃんの口の周りが真っ赤に腫れて
ものすごくかゆがり出したら、かわりそうですから。

あともう一つ注意点があります。
梨の果汁は初めは加熱して良く冷ましてから赤ちゃんに上げて下さい。
しぼりたての梨の果汁をレンジでチンすればOKです。

レンジに疑問を感じる女性

どうして梨を加熱するの?」と疑問に感じた方もいるでしょう。
加熱すれば、アレルギー反応が出にくくなるからです。

果物も野菜も旬のものは美味しく栄養も豊富です。
梨は赤ちゃんの初期の離乳食からOKです。

最後にまとめますと、赤ちゃんに梨を与えるならいつからか?というと
生後5~6か月の離乳食初期からです。

ただアレルギー症状がでるかどうか?見極めるために
最初は少量の梨の果汁を与えるようにしてください。

また梨は食物繊維が豊富なので、先ほども書きましたが梨そのものではなく
しぼって果汁にして、赤ちゃんの消化に負担をかけさせないようにしましょう。

それから梨アレルギーを避けるために梨は加熱してから与えてください。

こちらも参考に!⇒果物の梨にはどんな栄養が含まれているの?

赤ちゃんは梨をいつから食べれるの?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

りんごと梨で栄養はどう違う?
スイカの種を避けるうまい食べ方
いつから赤ちゃんはいちごを食べてもいいの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る