スイカの皮にどんな栄養があるの?

赤いスイカ

スイカは瓜科の植物です。原産地はアフリカです。

瓜といえば中国ですが、中国よりも西のアフリカが原産なので
西の瓜という意味で西瓜(スイカ)と名付けられました。

スイカは甘くて水分が豊富です。
赤い私たちが食べる部分は水分だらけで栄養がなさそうな雰囲気があります。

ですがお肌にとって優しい成分が含まれています。

また、さらに意外かもしれませんがスイカの皮にも栄養が含まれているのです。

スイカの皮にどんな栄養が含まれているの?

スイカの皮

スイカの皮に含まれている栄養は「シトルリン」です。

「シトルリン?」と初耳な方も多いでしょう。

「シトルリン」には血管壁を強して血液がスムーズにながれるようにする、
スーパーアミノ酸がたくさん含まれています。
その他にも、女性に大敵な冷え性やむくみにもおすすめです。

シトルリンはスイカの赤い部分にも含まれています。
ですが、皮の方がより多く存在しているんです。

スイカの皮の栄養

スイカの赤い実の部分より皮の部分の方がシトルリンの量が約2倍多く入っています
そういった意味でスイカの皮は捨てないで野菜として利用しましょう。

「スイカの皮をどうやって食べたらいいの?」
と疑問に感じた方もいるかもしれませんね。

スイカの皮はキュウリや瓜と同様にサラダや酢の物、お漬物にすればおいしいですよ。

こちらも参考に!⇒イチゴがかかるカビの病気は?

スイカの皮にどんな栄養があるの?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

栄養を考えるとバナナは夜食べた方がよい?
みかんの白いすじにどんな栄養はあるの?
中身が黒いバナナを離乳食に使っても大丈夫?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 7月 11日
  2. 2016年 7月 11日

ページ上部へ戻る