イチゴの実が白いのは病気?

スポンサードリンク
うどんこ病

イチゴの実に白い粉のようなものがついていると
「食べても大丈夫かな?」とか
「イチゴが変な病気に感染しているのでは?」と不安な気持ちになってしまうでしょう。

もちろんイチゴの実が白い状態になっているなら捨ててしまった方が早いでしょう。
ただそれだと「これで話は終了ですか!?」となってしまいます。

そこでイチゴの実が白いときに考えられることについて解説します。

イチゴの実が白いのは何かの病気?

イチゴが白くなる病気

結論としてはイチゴの実が白い場合

・うどんこ病
・灰色かび病

という病気が考えられます。

うどんこ病や灰色かび病が発生する原因は高温多湿環境で
イチゴが育ったためです。

ハウス栽培をすると高温多湿になりやすいです。

灰色かび病もうどんこ病もどちらもカビです。
カビは高温多湿な環境で発育するためハウス栽培で育ったイチゴに発生しやすいです。

灰色かび病とうどんこ病の違いは
灰色かび病はやや灰色ががっていますがうどんこ病は白いところです。

灰色かび病もうどんこ病もカビですから
もしイチゴに白い粉がついているようなら食べずに捨てることをおすすめします。

ではみかんについたカビも食べたら危険なのでしょうか?
こちらの記事で解説しました。
みかんに生えたカビを食べたら危険?

こちらも参考に!⇒いちごが甘いかどうかの見分け方?

イチゴの実が白いのは病気?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ケーキに置くいちごは洗うのが普通?
いつから赤ちゃんはいちごを食べてもいいの?
冷凍いちごに含まれる栄養は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る