栄養を考えるとバナナは夜食べた方がよい?

バナナは夜食べたほうが栄養学的によいのかな

バナナはこれからどんどん成長する赤ちゃんにとっておすすめのフルーツです。

・パワーの源になる豊富な糖分
・便秘解消につながる食物繊維
・高血圧を防ぐカリウム

などの栄養が含まれているので美容や健康のことを意識している大人にも
バナナは大変おすすめできます。

ところで「バナナって夜に食べたほうがいいよ!
という話を聞いたことがありませんか?

おそらく「夜にバナナを食べたほうがいい」と聞いたからこそ
この記事を読んでいるはずです。

実際のところどうなのでしょう?

バナナは夜食べたほうが栄養的にもいいの?

バナナは夜食べたほうがよい

バナナは夜食べたほうが美容と健康に優しいと言われています。

バナナには食物繊維の一種、ペクチンという栄養素が豊富に含まれているんです。
夜にバナナを食べて寝ると、ペクチンが睡眠中活発になります。

その結果、朝目覚めた時に「ブリブリ」と大量の便が出て
便秘が解消されるわけです。

体の中のいらない物質を老廃物といいます。
老廃物の中には体にとって有害な物質も含まれています。

老廃物を出すには

・オシッコ
・ウンチ
・汗
・息

などのルートがあります。

ウンチによって老廃物の約7割が出ていきます。
したがって便秘を解消することで体にとって有害な物質が出ていき
美容と健康につながりやすいわけです。

バナナは夜食べる

最後にまとめますとバナナは夜食べたほうが美容と健康につながりやすいです。
理由はバナナに含まれているペクチンが就寝中に活発に働きお腹を動かす結果、
朝起きたらウンチが大量に出やすくなるから
です。

こちらも参考に!⇒バナナが消化される時間は?

栄養を考えるとバナナは夜食べた方がよい?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

赤ちゃんがバナナを食べ過ぎたらどうなる?
バナナを冷凍したら栄養はどうなる?
みかんに生えたカビを吸い込むのは危険?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る