赤ちゃんがバナナを食べ過ぎたらどうなる?

離乳期にバナナ

バナナは赤ちゃんの離乳食として人気のフルーツです。

具体的に生後何か月からバナナを食べてOKか?はこちらの記事をご覧ください。
赤ちゃんにバナナをあげれるのはいつから?

バナナはお腹の調子を整える成分が入っているので便秘気味の赤ちゃんにもおすすめです。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
赤ちゃんの下痢にバナナはどう?

バナナはお腹にも優しいし栄養も豊富です。しかも甘い。

だから赤ちゃんもバナナを食べすぎてしまうことだってあるでしょう。

もし赤ちゃんがバナナを食べすぎてしまったら
どんな悪影響があるのでしょう?

赤ちゃんがバナナを食べ過ぎたらどんな悪影響がでるの?

バナナの食べ過ぎ

バナナには食物繊維以外にシュウ酸という物質も入っています。
シュウ酸の摂り過ぎはシュウ酸カルシウム結晶ができやすくなります。

シュウ酸カルシウム血症は膀胱結石や尿管結石の原因です。

膀胱結石の赤ちゃん

赤ちゃんはしゃべれないので膀胱結石や尿管結石ができてしまうと
あまりの激痛にただただ「ワンワン」泣きわめいてもがき苦しむしかできません。

あとバナナにはカリウムというミネラル成分が含まれています。
大人がカリウムを摂取すると、体にたまった余分な塩分を
オシッコとして出す作用があるため、高血圧予防につながります。

でも血圧が正常な赤ちゃんがバナナを食べすぎて高カリウムになってしまうと
吐き気や下痢、しびれ、神経障害などの副作用がでることもあります。

赤ちゃんがバナナの食べ過ぎ

最後にまとめますと赤ちゃんがバナナを食べ過ぎると

・シュウ酸カルシウムの結石が膀胱や尿管にできることがある
・高カリウム血症を起こすことがある

です。

赤ちゃんにバナナを与えるなら1日1本以内にすることをおすすめします。

こちらも参考に!⇒赤ちゃんがバナナアレルギーを起こすとどんな症状がでる?

赤ちゃんがバナナを食べ過ぎたら命に関わる?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

バナナは赤ちゃんに必要な栄養が入っているの?
バナナが消化される時間は?
子供がみかんの薄皮を食べれるのはいつから?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る