赤ちゃんの下痢にバナナはどう?

スポンサードリンク
赤ちゃんの下痢にバナナ

バナナには糖分やビタミンが豊富です。
マラソン選手が走る直前にバナナを食べるくらいバナナは効率よくエネルギーに変わってくれます。

赤ちゃんにバナナを与えるお母さんは多いです。

バナナを赤ちゃんに与えると「赤ちゃんが下痢になった」という言う人もいますし
「お腹の調子がよくなった」という人もいます。

実際のところどうなのでしょう?

バナナは赤ちゃんの下痢にどうなの?

赤ちゃんがバナナを食べてよいのはいつから

結論としてバナナは赤ちゃんの下痢をひどくする可能性もありますし
お腹の調子をよくする可能性もあります。

「どういうこと?」と疑問に感じたお母さんも多いでしょう。

バナナには食物繊維が含まれています。
バナナには白い筋のようなものが見えるはずです。

バナナの白い筋

あの白い筋には食物繊維がたくさん含まれています。

食物繊維はお腹を刺激してウンチを出しやすくする作用があります。
つまりバナナに含まれる食物繊維は下痢うんぬんというより
便秘解消に最適な食べ物といえそうですね。

あとバナナにはオリゴ糖という糖分が入っています。
オリゴ糖は腸内細菌の中でも善玉菌のエサになります。

お腹の調子がよくなるわけです。
下痢になりにくい体質になるということです。

ただオリゴ糖は消化しにくい糖です。
オリゴ糖を摂り過ぎると下痢を起こすことがあります。

バナナを赤ちゃんに与える

だからすでに下痢を起こしている赤ちゃんにバナナはやめたほうがよいでしょう。
オリゴ糖が原因で下痢が悪化することだってありますから。

でも下痢にならないようにお腹の調子を整える目的で
1日1本未満のバナナを赤ちゃんに食べさせてあげましょう。

ところでバナナを食べてよいのは生後何か月以降の赤ちゃんでしょう?
あまりに早いと消化不良を起こしてしまいます。

詳しくはこちらで解説します。
赤ちゃんにバナナをあげれるのはいつから?

こちらも参考に!⇒バナナが消化される時間は?

赤ちゃんの下痢にバナナはどう?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

中身が黒いバナナは食べれる?
バナナを冷凍したら栄養はどうなる?
いつから赤ちゃんはいちごを食べてもいいの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 7月 04日

ページ上部へ戻る