おいしいりんごの見分け方は?

スポンサードリンク
リンゴを元の状態に戻す

おいしいりんごの見分け方のポイントはまず手に持った時の重みです。
重い方が果汁たっぷりで新鮮です。

スカスカのスポンジのようなリンゴは軽いです。
まずは手に持って重さを確認しておいしいりんごかどうか見分けましょう。

次に、りんごを下から見た時の色でおいしいかどうか見分けます

りんごを下から見る

全体が真っ赤なりんごがおいしいイメージがあります。
でも実際のところどうなのでしょうか?
ただ、もしかしたらあなたは騙されているかもしれません。

なぜならりんごの色は下から反射光を当てることで
人工的に赤くすることができるからです。

全体が真っ赤だからと言って熟れているとは言えないのです。
りんごを下から見えたときに
おしりの部分が黄色い方が自然の状態でよく熟れています。

以上がおいしいりんごの見分け方です。

おいしいりんご

りんごって温めて食べても冷やして食べてもおいしいです。

ただりんごを冷凍してもおいしいのでしょうか?
こちらの記事で解説しました。
りんごをおいしいまま冷凍保存する方法

また、りんごを保存するとしたら、どれくらいの期間大丈夫なのでしょうか?
こちらの記事で解説しました。
りんごを保存して食べれる期間は?

最後にりんごを切って食べるときの注意点です。
りんごを切ったあと、しばらく放置すると茶色に変色してしまいます。

茶色に変色したりんごって食べても大丈夫でしょうか?
こちらで解説していますので、ぜひご覧ください。
変色したりんごは食べれるの?

また茶色く変色する原因についてこちらで解説しています。
りんごが変色する原因とは?

こちらも参考に!⇒りんごを加熱すると栄養はどうなる?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る