みかんに生えるカビを防止する方法

みかんのカビを防止する方法

段ボールいっぱいのみかんを買って
しばらく放置していると、「カビ」が生えてくることがあります。

みかんに生えるカビって1個につくだけで
どんどん周りのみかんにも波及していきます。

すべてのみかんにカビが生えてしまったら
買い損です。もったいないですね。

そのためみかんに生えるカビを防止する方法はぜひ知っておいていただきたいです。

みかんにつくカビを防止するには?

みかんに生えるカビを防止する

みかんにつくカビを防止するにはカビがつく原因を理解する必要があります。

カビがつく原因を避ければよいわけですから。

みかんにカビがつく原因は

・気温が25℃前後
・湿度が60%以上

他にも2つあります。
ただ他の2つの原因は防止しようがないので
今回の記事では割愛させていただきます。

残り2つの原因はこちらの記事をご覧ください。
みかんにカビが生える原因は?

涼しい部屋

とにかく気温が25℃以上あるとカビが繁殖しやすいので
みかんを保存する場所は暖房の効いていない寒いところにしましょう。

あと湿度が60%以上と高いとカビが繁殖しやすくなります。
そのため風通しのよい場所にみかんを保存しましょう。

できればみかんを保存する場所に湿度と温度がわかるものを置いてください。
そして湿度が60%より低く、気温も25℃より低い環境になっているか
常に確かめるようにしましょう。

以上がみかんにつくカビを防止する方法です。

こちらも参考に!⇒みかんにカビが生える原因は?

みかんにカビが生える原因は?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

みかんの薄皮に栄養はあるの?
みかんの白いすじにどんな栄養はあるの?
りんごを温めると食物繊維はどうなる?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る