りんごを保存して食べれる期間は?

りんごの保存期間

りんごは高温や乾燥に弱い果物です。
真夏に部屋の中でエアコンもかけずにりんごを放置するとすぐに腐ってしまいます。

また、湿度が思いっきり低い、要するに乾燥した空間に放置すると
りんごが干からびてしまいます。

ではりんごを保存しても問題なく食べれる期間っていったいどれくらいなのでしょう?

りんごの保存期間はどれくらいまでならOK?

りんごの品種

りんごにはいろんな品種があります。

たとえばりんごの品種として

・あかね
・エンヴィ
・アンビシャス
・北のあかり
・キュート
・きたろう
・ソーニャ
・デリシャス
・トキ
・つがる姫
・白竜
・はるか
・メロー
・もりのかがやき

などがあります。

他にもりんごにはたくさんの品種があります。

品種によって保存できる期間が違います。
ただ一般論として、りんごを新聞紙にくるんで冷蔵庫の野菜室に入れた場合だと
2週間から1か月程度なら保存可能です。

りんごの保存期間

とはいえ、冷蔵庫に保存すると水分が少しずつ奪われます。
だから保存して1か月くらい経過したらりんごがパサパサしてしまって
まずくなってしまいます。

そういった意味ではいくら1か月くらいの期間なら保存が可能だとしても
できるだけ早くりんごを食べきった方が無難です。

最後にまとめますとりんごの保存可能な期間は
新聞紙にくるんで野菜室に入れた場合、2週間から1か月です。

続いてリンゴを切ったら、すぐに茶色に変色してきます。
茶色に変色したりんごって食べても大丈夫なのでしょうか?

詳しく解説しました。
変色したりんごは食べれるの?

こちらも参考に!⇒りんごの変色防止にレモンはどう?

りんごを保存して食べれる期間は?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

りんごが変色する原因とは?
冷凍いちごに含まれる栄養は?
缶詰みかんに栄養はあるの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 7月 02日
  2. 2016年 7月 03日

ページ上部へ戻る