りんごの酸化を防止する方法

りんごの酸化を防止

りんごを食べるとき、たいていの方は包丁で4等分くらいに切ります。
ただ、切ったリンゴをしばらく放置すると茶色に変色します。

切ったリンゴを放置すると茶色に変色する原因は酸化です。
酸化とは酸素とりんごのある成分がくっついて化学変化を起こすことをいいます。

りんごが酸化するある成分が何か知りたい方はこちらの記事で解説しています。
りんごが変色する原因とは?

りんごが酸化して変色してしまうのを防止する方法にはいろいろあります。
この記事では代表的なものをご紹介します。

りんごが酸化するのを防止する方法

りんごの変色を防止

りんごが酸化するのを防ぎたいならは塩水につけましょう。
塩は化学的には塩化ナトリウムといいます。

塩化ナトリウムの中のナトリウムが酸化の原因になる物質の周りに
壁を作り守ってくれるのです。

その結果、切ったリンゴが酸化せず茶色に変色しなくなります。

「じゃ、どれくらいの時間りんごを塩水につければいいんですか?」
と気になる方もいるでしょう。

あまりに長い時間つけるとりんごが塩辛くなってしまいますし
短すぎても酸化防止効果を得ることができません。

詳しくはこちらの記事で解説しています。
りんごを塩水につけるおすすめの時間は?

あと、塩水を作るときの塩の量についてはこちらの記事をご覧ください。
りんご用塩水を作るときの塩と水の量は?

続いて塩水以外でりんごの変色を防ぐ方法について解説します。
りんごの変色を防ぐ方法

こちらも参考に!⇒りんごを加熱すると栄養はどうなる?

りんごの酸化を防止する方法」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

りんごの皮にどんな栄養が含まれているの?
いちごが甘いかどうかの見分け方?
果物の梨にはどんな栄養が含まれているの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 7月 02日

ページ上部へ戻る