りんごが変色する原因とは?

リンゴを元の状態に戻す

りんごは上記画像のように切って食べる方がほとんどでしょう。
赤い皮がついたまま「ガブリ」とりんごにかぶりつく方は少ないはずです。

ただ、りんごを切った後、「ピンポーン」とチャイムが鳴って
知り合いと長い時間立ち話をしたとしましょう。

そして、「さぁ、りんごを食べようかな」と切ったりんごを見てみると・・・
切ったリンゴの果肉部分が茶色く変色してしまっています。

「うそ・・・、茶色く変色したりんごってまずそう。
食べても大丈夫かな!?」と不安に感じてしまう方も多いでしょう。

そこでりんごが変色する原因について解説します。

りんごが変色する原因

りんごが変色する原因

りんごに含まれる

・ポリフェノール
・酸化酵素
・酸素

が原因でリンゴが茶色に変色します。

りんごを切って中身が見える状態になると
ポリフェノールと酸化酵素が結びつきやすくなるのです。

この状態で果肉の表面部分が空気に触れると空気中の酸素とポリフェノールが結びつきます。
そして鉄が酸化するのと同じ現象が起きてしまいりんごの中身が茶色に変色してしまうのです。

「それでもりんごを切って食べたんですけど・・・」
と感じている方も多いでしょう。

りんごの変色を防ぐ方法

りんごを切っても茶色に変色させない方法がいくつかあります。
1つは塩水にりんごをつける方法があります。

ただりんごを塩水につけすぎてしまうと
塩っ辛くなってしまい、かえってマズくなってしまいます。

そこでりんごの変色を防ぐ別の方法について解説します。
りんごの変色を防ぐ方法

こちらも参考に!⇒りんご用塩水を作るときの塩と水の量は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 7月 01日
  2. 2016年 7月 01日
    トラックバック:りんごの酸化を防止する方法
  3. 2016年 7月 04日
  4. 2016年 7月 21日

ページ上部へ戻る