りんごの変色を止めるために何分塩水につけたらいい?

りんごの変色は何分塩水につけるべき

りんごはビタミンの他に

・カルシウム
・食物繊維
・鉄分

などの栄養を多く含んだ果物です。

積極的に取りたいですね。

ただりんごを切るとすぐに茶色く変色してしまいます。

なぜりんごを切るとすぐに茶色に変色してしまうのでしょう?

りんご

酸素の影響です。

りんごにはポリフェノールという抗酸化物質が含まれています。
抗酸化物質とは酸素とくっつく物質という理解で大丈夫です。

鉄は放っておくと酸素とくっついて酸化しますね。
その結果、サビてきて赤茶色に変色してしまうわけです。

鉄が錆びる

これと同じ理屈で抗酸化物質を含むりんごを切って空気にさらすと
酸化して茶色に変色してしまう
のです。

「じゃ、どうしたらりんごの変色を防ぐことができるの?」となりますね。

おすすめの方法はいろいろあります。
具体的にはこちらの記事をご覧ください。
りんごの変色を防ぐ方法

この記事では塩水にりんごをつけて変色を防ぐ方法をご紹介します。

ただ塩水にりんごを長時間つけると塩辛くなってしまいます。
当たり前の話ですね。

肉じゃがだってダシにつける時間が長いと
じゃがいもに味がしみ込むのと同じ理屈です。

肉じゃが

肉じゃがだったら味がしみ込んだ方がおいしく食べれます。
でも塩水につけすぎて辛くなったりんごは不味いです。

「じゃ、何分くらいりんごを塩水につけるのが適当なの?」
と疑問に感じる方も多いでしょう。

5分程度りんごを塩水につければ十分です。
5分以上塩水につけるとりんごが塩辛くなってしまいますから。

最後にまとめますとりんごを塩水につけるおすすめの時間は5分程度です。

こちらも参考に!⇒りんごを塩水につける理由は?

りんごの変色を止めるために何分塩水につけたらいい」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

りんごを加熱すると栄養はどうなる?
りんごの皮にどんな栄養が含まれているの?
みかんの白いすじにどんな栄養はあるの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る