りんごの中身が茶色になる原因とは?

変色したりんご

切ったリンゴを放置すると、茶色に変色してしまいます。
「茶色いりんごは不味そうだな」と感じる方もいるでしょう。

そんなこともあってリンゴを切ったならこんな方法で茶色に変色するのを防ぐ方が多いです。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
りんごを塩水につける理由は?

ここではりんごを切って放置すると茶色になる原因について解説します。

りんごを放置すると茶色になる原因

りんご

りんごの中身が茶色に変色してしまう原因は酸化してしまうことです。

「じゃ、どうやって切って中身が見えたリンゴをスーパーでは売っているの?」
と興味を持った方も多いでしょう。

スーパーでリンゴを販売するときには酸化防止用のガスを使います。
販売する入れ物の中に酸化防止用のガスを注入するわけです。

ただ箱の状態によってはガスが漏れてしまうことがあります。
そして残念なことに中の商品が酸化してしまうことがたまにあります。

とはいえ、りんごの中身が酸化して茶色に変色しても心配しなくて大丈夫です。
酸化しただけであり虫食いや病気ではありません。食べることに問題はありません。

りんごが茶色

もちろん腐っている場合には絶対に食べないでくださいね(苦笑)
その辺は自己責任でお願いします。

近年ではりんごの貯蔵技術が発達し品種によっては長期間の貯蔵が可能となりました。

酸化防止用ガスなどを利用して茶色に変色するのを防いでいるわけですね。
やっぱり茶色に変色したりんごをお客さんは買いたくないですから。

あと、自宅でりんごを切って、そのあと、
しばらく食べないとやはり茶色に変色します。

自宅で茶色に変色するのを防ぎたいならこちらの記事をご覧ください。
りんごが茶色に変色するのを防ぐ方法

こちらも参考に!⇒りんごを加熱すると栄養はどうなる?

りんごの中身が茶色になる原因とは?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

りんごの皮にどんな栄養が含まれているの?
りんごと梨で栄養はどう違う?
ドライフルーツのあんず にどんな栄養があるの?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る